成功した人だけが知っている!【10の頭が良くなる法則】

【10の頭が良くなる法則】成功者たちの共通点
成績があがらない・仕事が成功しな人は、真似をしてみてください!

頭が良くなる方法>【共通点①】頭のいい人は、うまく行かない理由を正当化しない!

【本物の頭のいい人の共通点①】本物の頭のいい人は、プラス思考である!


1.頭のいい人は、勉強しない理由・うまく行かない原因を正当化しない!
 自分をみじめにしない。


つまり、出来ない原因を他人や他の物のせいにしない。
という事です。
敗者と呼ばれる人は、「なんで、私はこんなに頭が悪いんだ!」
と、常に嘆きます。
そうして、考えた時に、次に出てくる答えは、
「どうせ、生まれつき頭が悪いんだからしかたがない。」
「人に比べて、記憶力や理解力がないんだから仕方がない。」
「部活が忙しくて、勉強する暇がない。」
「お金がなくて、塾へいけない。」

みんな「○○なんだから仕方がない。」
と、もっとな理由をつけて、勉強しません。
または、問題を先送りしようとします。
勉強していないのだから、頭が良くなるはずがないのです。

これは、一種の開き直りで、自分を正当化する事で、
気持ちが、少し楽になった気がします。

そして、正当化することにより、それでよいことにして
自分を納得させてしまっています。

時間は、作ろうと思えばいくらでも作れるし、
お金がなければ、図書館へ行けばいいのです。

自分は、馬鹿だとか、不器用だとか、
ダメだと決め付けるのは、自分をみじめにするだけです。

ダメだという暗示をかけると、本当に暗示にかかってしまい、
思い込みにはまり、
ダメな人になってしまいます。

そもそも、人に比べて、どうだ。
というモノサシが、間違っているのです。
自分を計る物差しは、自分の中にあるはずです。
頭のいい人たちは、人と比べて、
自分の能力を測ったりしません。

その理由は、次をご覧になれば、
もっと、はっきりします。



↑ PAGE TOP