成功した人だけが知っている!【10の頭が良くなる法則】

【10の頭が良くなる法則】成功者たちの共通点
成績があがらない・仕事が成功しな人は、真似をしてみてください!

【学力・成績を上げる方法3】国語力を伸ばすと他の科目も伸びる!

最近の入試問題は、ただ問題を解くのではなく、「考える力」が
どれだけあるか。
という事を見極める問題が増えています。

特に数学は、ただ計算が出来ればよいのではなく、文章問題を理解して、
とくという応用力が試される問題が中心になっています。

なので、この様な数学の問題を解くためには、
ただ計算が出来るだけではなく、文章を理解する。
という国語力か必要となるわけです。
英語の文法を訳すときにも、国語力はいります。

この様にあらゆる学科において、国語力があるかないかが、
影響してしまうのです。

国語力を伸ばすことが、入試に打ち勝つために絶対に必要となるわけです。

国語力を伸ばすには、本を日ごろからたくさん読んでいることが、
大切ですが、急にたくさん読んだからと言って、
すぐに力が付くわけではありません。
国語は、それだけ点が伸ばしにくい科目と言えます。

しかし、文章にも決められたパターンがあります。
起承転結です。
だれがいつ、どこで、何をどうした。
これだけおさえておくだけでも、かなり効果的な文章は書けます。
常に、この起承転結を意識して、文章を書く練習をしていけば、
自然な文章が書けるようになります。

又、気に入った、文章を暗記して、書いてみたり、
真似してみるのも、力が付きます。

新聞の社説を読んで、短く起承転結を意識して、まとめる練習をするのも
いい方法です。

日記を書くことを習慣とし、今日あったこと、感じたことを書く練習をするのも、
国語力をつける練習になります。
又、ニュースなどを見て、自分の意見を家族の前で、言う練習を
することも、文章をまとめる力になります。

出来れば、小さいころから、本を読んだり、意見をまとめる練習を
しておくことが、これからの子供が受験に勝つためには、
必要な要素になっていきそうです。


↑ PAGE TOP