成功した人だけが知っている!【10の頭が良くなる法則】

【10の頭が良くなる法則】成功者たちの共通点
成績があがらない・仕事が成功しな人は、真似をしてみてください!

【学力・成績を上げる方法7】頭のいい人は隙間時間を有効に使う!

【学力・成績を上げる方法6】で、自分なりのスケジュールをたてることが、
学力アップ、成績アップに有効な方法であることをご紹介しましたが、
その時に、毎日の目標とする課題が、時間単位ではなく、
暗記するものの数だったり、問題の数にしたのには、
大きな意味があります。

例えば、「明記」で英単語を30。と、数にしていますが、
もし、「明記」に一時間としてしまえば、どんな過ごし方をしても、
一時間たってしまうのです。

なかなか集中できなくて、10しか覚えられなくても、一時間たってしまえば終わりです。
これでは、よい時間の使い方、有効な時間の使い方をしたとは言えません。

大切なのは、どのくらい時間をかけたかではなく、
濃い内容の時間の使い方が出来たかです。

毎日の目標を、問題の数や、クリアする暗記の数にしておけば、
早く終われば、テレビを見る時間や自由時間が増えるわけです。
すると、「課題をクリアすれば、楽しいことが待っている!」
と、問題をこなしていくことに、楽しさを見つけることができ、
やる気もわいてきます。
達成感もわきます。
問題をこなす速さも身に付き、一石二鳥です。

ただ単に、机の前に座っている時間が延びれば、
勉強したことにはなりません。

大切なのは、どれだけ集中してやったかです。

そして、やっているうちに、こんなに早くできるのならば、
もう少し、一日の課題を増やせるかもしれない。
という事になり、増やしていけば、人の二倍も三倍にも知識が身に付き、
理解が深まることになります。
出来るようになれば、勉強が楽しいとも思えるようになってくるでしょう。

もうひとつ、有効な時間の活用は、「頭のいい人の共通点」を読むとわかりますが、
頭のいい人は、時間を上手に使っています。
勉強は机に向かっているときだけが、勉強時間ではありません。
いつ、どんな時でも勉強はできます。
トイレに入っているとき、風呂に入っているとき。
学校に行く電車の中。
そうしたちよっとした、隙間の時間を、頭のいい人は、有効に使っています。

人を待っている間に、単語の一つでも覚える。
ご飯が出来るまでに、音読をする。
頭のいいある生徒は、学校登校中に友達と、問題を出しながら、
毎朝、通学していました。

考えれば、いろんなところで、ちょっとした隙間の時間はたくさんあります。
そのわずかな時間を、ぼーとして、過ごしてしまうか。
うまく活用するかで、成績に大きな差が出てくることは、言うまでもありません。

↑ PAGE TOP