成功した人だけが知っている!【10の頭が良くなる法則】

【10の頭が良くなる法則】成功者たちの共通点
成績があがらない・仕事が成功しな人は、真似をしてみてください!

【学力・成績を上げる方法6】実行できる学習スケジュールをたてる!

学習効果を上げるには、「記銘」「保持」「想起」が、
確実に行われることが大切ですが、これらの事が確実に行われるように、
生活の中の一週間の流れを、きちんと決め、実行することが大切です。

その中には、頭を休める「遊び」の時間もきちんと書き込みます。
休養は、勉強の能率を上げるために、絶対に必要な要素です。

休まずに、勉強ばかりしていると、体も心も、脳にも疲労がたまり、
能率が上がらなくなるばかりでなく、精神的ストレスにつながってしまいます。
人格形成に影響を与えたり、冷静な判断力がなくなってしまいます。

受験や勉強は、長いスタンスで続けていかなければならないので、
けして続けていけないような無理なスケジュールは、立ててはいけません。

例えば、月曜から金曜までは、「記銘」として、英単語を毎日20.漢字を20覚える。
「保持」として復讐問題を20問。「想起」のための問題集を3ページ。
後の時間は、テレビ。などと、
決め、土日は、昼まで遊ぶ。午後からは、復習をする。
出来なかったことをする。
など、自分の生活にあったスケジュールを立てます。

やってみて、どうも「記銘」をもっと増やした方がいい。
と感じれば、修正していきます。

どういう勉強方法がいいのか、
どういう時に集中できるのか。
自分を客観的に見て、自分の認知パターンを分析してみて、
時間の使い方など、工夫していくことが大切です。

これは誰にでもあることですが、「今日はとても調子がよい。」と感じ、
どんどん暗記できるし、問題もどんどん解けてしまう時があると思います。
そんな時、ついついはしゃいで、夜遅くまで起きて、やってしまいたくなったりします。

しかし、そうしたことで、生活のリズムが乱れ、
次の日、起きられなくなってしまったり、だるくなって、
次の日のスケジュールがはかどらなくなってしまうという事になります。

睡眠を十分とる。
というのも大切な、休息です。
自分が気が付かなくても、脳は疲れています。
調子が良くても、やりすぎないことが大切です。
休息や睡眠は、十分とりましょう。
最低でも、6時間は眠るようにしましょう。

↑ PAGE TOP