成功した人だけが知っている!【10の頭が良くなる法則】

【10の頭が良くなる法則】成功者たちの共通点
成績があがらない・仕事が成功しな人は、真似をしてみてください!

【学力・成績を上げる方法8】集中力を高める勉強方法!

学力をつけるには、ただ机に向かう時間を長くするだけではなく、
集中を高め、より効果に時間を使う事が大切だという事がわかったと思います。

そのために、集中力をつけるることが大切ですが、
「集中力」は、どうしたらつくのでしょうか?

どうしても、机に向かうと、違う事が頭をよぎってしまい、なかなか集中できない。
という人も多いと思います。
そこで、脳の集中力の特性をご紹介します。

人は、何かに興味を持った時だけ、集中できます。
それは、興味があるときだけ、特別なホルモンが分泌されからです。
そのホルモンは、甲状腺刺激放出ホルモン=TRHで、
「やる気ホルモン」と、言われています。

脳の視床下部から分泌されるホルモンです。
このホルモンは、人が、「やる気」になった時だけ分泌され、
集中力を増してくれる働きがあります。
詳しくは、こちらをご覧ください。
やる気ホルモンTRHをだして集中力を高める

この様に、脳は気持ちに正直で、人が本当に興味を持ち、「やる気」になった時だけ、
集中するように出来ています。
なので、いやいや勉強していたり、興味のない勉強をしようとしているときに、
このホルモンは、分泌せず、集中できないという事になります。

テレビやマンガなど、もっと興味のあることに、興味をもち、
そちらに集中しようとしているのですから、
無理やり勉強しても、集中できるはずがありません。

この様に、脳は、自分の気持ちに正直に働いてしまうで、
集中して勉強したいと思うなら、本気でやろうとしている勉強に興味をもち、
好きになる必要があります。

勉強が楽しい。おもしろい。と感じるようになれば、
自然と興味がわき、「やる気」が出て、やる気ホルモンもどんどん分泌され、
集中力も増して来るはずです。
そして、成果がでれば、ますます勉強が面白くなり、
集中できるようになるでしょう。

そのために、まず、勉強が面白いものにしなければなりません。
では、なぜ勉強が面白くないかを考える必要があります。
それは、勉強が、わからないからではないでしょうか。
誰でも、理解できること。は、楽しいと感じ。
わからないこと。難しいことは、嫌いなはずです。

なので、勉強を面白いと感じるようになるためには、
やっている勉強がわかるようになる事です。
そのためには、まずその教科の基本に返り、わかるところから、
勉強することが有効です。
自分が理解出来るところまで戻り、繰り返し問題を解く。
出来るようになったら、次の段階に移る。

こうやって、だんだん理解を深めていけば、その教科の面白さがわかり、
勉強することが楽しくなってくるはずです。
自分に合ったペースで、勉強する。
勉強方法を考えていくことが、大切です。

↑ PAGE TOP